6月6日は楽器の日6月6日は楽器の日

一般社団法人 全国楽器協会一般社団法人 全国楽器協会

楽器で脳活!キャンペーン2021楽器で脳活!キャンペーン2021

キャンペーン概要キャンペーン概要

楽器の演奏は、脳を活性化させ健康寿命を伸ばす可能性が高い事が、最新の研究で次々に明らかにされています。 そこで、好評だった「楽器で脳活!」キャンペーンの第2弾を2021年も開催します。

今回のテーマは「体験会」です。楽器は、実は皆さんが思っているほど難しいものではないのです。

特に、大人の初心者の方は、「私に楽器なんて弾けるのかしら・・・・」 「もうこの年では覚えられないのでは・・・」と悩んでいらっしゃる方も多いかもしれません。

しかし!健康への意識や、人生経験が豊かな大人の方こそ、楽器レッスンはお薦めなのです! 悩む前に、気軽に「楽器で脳活!体験会」に参加してみませんか?きっと、新しい世界が広がってくるに違いありません。まずは開催楽器店へ!

ご存じでしたか?楽器演奏は認知症予防に効果的ご存じでしたか?楽器演奏は認知症予防に効果的

近年「人生100年時代」と言われ、高齢者の健康維持や認知症予防などが社会全体で大きな関心を集めています。そんな中、「楽器演奏が脳の活性化を促進し、認知症予防にも効果あり」ということが医学的見地からも実証されつつあります。

音楽で人生が豊かになりその上健康寿命も延ばすことができればこれほどハッピーなことはありません。 これまで楽器に触ったことがないという人も昔楽器を弾いていたけどもう何十年も楽器を弾いていないという人もぜひこの機会に「楽器で脳活!」を始めてみませんか!

ご存じでしたか?楽器演奏は認知症予防に効果的 ご存じでしたか?楽器演奏は認知症予防に効果的

楽器を楽しもう!応援メッセージ 楽器を楽しもう!応援メッセージ

アドバイザーのご紹介 アドバイザーのご紹介
阿部康二(医師・医学博士)

阿部康二(医師・医学博士)

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)病院長
一般社団法人 日本認知症予防学会 副理事長

楽器の演奏は、最高の認知症予防法の1つです

最先端の医療・研究で、脳とこころの病の克服に取り組む、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)の病院長を務める。日本における認知症予防研究の第一人者でもあり、学会では「認知症予防の確かなエビデンス」をテーマに、世界中に存在する認知症予防法を「本物かどうか」に焦点を当て、その有用性を医学的な立場から検証・判定している。楽器演奏が認知症予防に効果的であることが学会認定された際のエビデンス創出委員長も務めた。

楽器の演奏は『聴覚系脳番地』はもちろん、
脳全体を活性化させます

「脳番地」トレーニングの提唱者。現在、世界700カ所以上で脳研究に使用されている脳活動計測「fNIRS法」を発見。米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターでの研究に従事。帰国後は慶應義塾大学、東京大学などで脳研究を行う。現在、自らのクリニックで発達障害や認知症などの予防医療を実践。著書『男の子は「脳の聞く力』を育てなさい』(青春出版社)など多数。現在、「InterFM 897」ラジオではレギュラー番組「脳活性ラジオ Dr.加藤 脳の学校」が好評放送中。

加藤俊徳(脳内科医・医学博士)

加藤俊徳(脳内科医・医学博士)

株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。昭和大学客員教授。発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家。小児科専門医。

金丸和富(医師)

金丸和富(医師)

独立行政法人 東京都健康長寿医療センター
脳神経内科 脳卒中部長
日本神経学会認定神経内科専門医 指導医
日本内科学会認定内科医
認知症学会専門医 指導医

楽器の演奏中、脳の中では凄いことが起きています

京都大学医学部卒。京都大学医学部神経内科に入局後、東京都老人医療センター、東京都老人総合研究所研究員、ボストン大学医学部・研究員などを経て、現職。 ピアノ演奏が趣味で、自ら作曲も行う腕前を持つ。 公益社団法人 東京ミュージックボランティア等と共に、音楽を使った認知リハビリテーションなどのセッションを行い、臨床医として、音楽と脳の健康について実践的研究と診療にあたっている。

ひたすら走り続けるのではなく、小休止をはさんだってよいのです。ちゃんとまたやり始めれば!
楽器演奏を長く楽しんでくださいね。

「やり抜く力 」などの個人特性を、脳特徴量から定量化。それらを駆使し、BRAIN x IOT インタラクションによる、新しい「オーダーメイド生涯目標達成支援法」の開発と基礎研究を行っている。 実社会での活用を目指し、企業等との産学連携研究も多数。内閣補正予算により決定し2021年度から開始された、日本の破壊的なイノベーションに繋がる研究成果を生み出すための「創発的研究支援事業」において、全国から選ばれた約250名の研究者のうちの一人でもある。

細田千尋(医学博士)

細田千尋(医学博士)

帝京大学先端総合研究機構内 細田研究室主催。
東京大学大学院総合文化研究科研究員兼任。

蔵島由貴(ピアニスト)

蔵島由貴(ピアニスト)

楽器はとにかく気楽に始めるのがコツ!です。私も紙鍵盤から始めました。

東京藝術大学卒。イモラ 国際ピアノアカデミー(伊)卒。イモラ国際ピアノアカデミー在学中に、NHK「スーパーピアノレッスン」に出演。同時に、世界的な名門レーベル「EMIクラシックス」(東芝EMI)より、メジャーデビューを果たす。 デビュー後はクラシック演奏に加え、テレビ東京の人気長寿番組「美の巨人たち」エンディングテーマ演奏、俳優/西村まさ彦氏との音楽朗読劇、X-Japan hide氏トリビュートアルバムへの作品提供、ピアノ入門書籍の執筆、音楽講座、等多方面で活動している。
音楽之友社刊「最新ピアノ&ピアニスト」では、「日本の名ピアニスト」の1人に選ばれている。
大人初心者のピアノへの気軽な参加を推進している。

ギターを通じて学んだことは、私の仕事や、人生の一部を形作っています

現在、社会福祉法人練馬区社会福祉事業団理事も務める。 また、日本テレビ「行列のできる法律相談所」及び「スッキリ」にレギュラーとして出演。2013年末には、「スッキリ」の司会者加藤浩次氏とともにギネス世界記録を樹立。弁護士業務の傍ら体力作りにも勤しみ、各地のトライアスロン大会へも出場。地元小学生のバレーボールチームの監督等も務めている。ギターは子供の頃からの趣味。

菊地幸夫(弁護士)

菊地幸夫(弁護士)

弁護士(第二東京弁護士会)。番町法律事務所。
中央大学法学部卒業。元司法研修所刑事弁護教官。

「楽器で脳活!」体験会で音楽に触れてみませんか? 「楽器で脳活!」体験会で音楽に触れてみませんか?
楽器体験者インタビュー 楽器体験者インタビュー

蔵島由貴「大人の脳活ピアノ®入門講座」(3か月)の卒業生のコメントをお届けします。

6月6日は楽器の日 6月6日は楽器の日

「楽器の日」は全国楽器協会が制定

「芸事の稽古は、6歳の6月6日から始めるのが良い」というならわしに由来し、また、指で折って数を数えると、ちょうど6の時に小指が立つことから、「子が立つ」縁起のよい日とされています。

楽器で脳活!
関連団体

東京ミュージック・ボランティア協会 東京ミュージック・ボランティア協会

アルモンテ・ミュージック・トーキョー アルモンテ・ミュージック・トーキョー

脳活ピアノ振興会 脳活ピアノ振興会